去年、私に彼女ができた時の話

今日私は、恋人とデートをしました。
その恋人は私と年齢が9つ離れています。
年下の女性で、現在は大学に通っています。

 

彼女との出会いは今から約一年前でした。
友人の紹介でたまたま顔を合わせて少しメールのやりとりをするようになったのです。

 

初めの頃はお互いがお互いを恋愛対象として見ていなかったため、メールの頻度もそれほど多くはなく、
なにか用事があれば連絡をするといった程度でした。

そんな彼女と急接近したのは、たしか夏前ごろだったと記憶しています。

 

その頃、彼女は就職活動の真っ最中でした。
毎日、色々な会社に足を運んだり、就職のための試験を受けに行ったりしていました。
そんな忙しい中、日々のストレスが彼女の中にたまってしまっていたようです。

 

私はそんな時期にたまたま彼女とメールで別の話をしていたため、日々の彼女の愚痴をメールのついでに聞いたりもしていました。
そうこうしているうちに、なんとなく彼女のことを意識するようになりました。

 

こんなに忙しい毎日を送る彼女を、私が守ってあげたいと思うようになったのです。
彼女にしても、私のことを愚痴を話せる唯一の相手だというように思ってくれるようになっていたようです。

 

彼女の就職活動が一段落した頃に、私たちはおつかれさまの意味を込めて食事に行きました。
今まで色々とガマンして就職活動をがんばっていた彼女は、解放されたと言ってとても喜んでいました。

 

その日から私たちは頻繁に二人で会うようになったのです。
そして、私が告白し、現在では恋人として楽しい日々を送っています。