家の電化製品を順番に買い換えています。

最近家の電化製品が順番に壊れる時期なのか、よく家電売り場へ見に行ったり買いに行く事が多いです。
まず石油ファンヒーターが壊れました。
ファンヒーターをつけたらただ煙がもくもくと出てきてこれはただ事ではないと思いすぐ消しました。
煙が出てくるなんて、大袈裟ですが爆発してしまうのではないかとドキドキしました。
修理に出したのですが直すより買った方が結局安いという事で買いました。
今度はトースターが壊れました。
煙は出ませんでしたが、本当に何も出ないというか何の反応も無くなったのです。
トーストが焼き上がりの音が鳴って出しても全く焼けていません。
仕方ないので食パンはしばらくそのまま食べていました。
トースターは随分使ってきたのでそろそろ寿命だったみたいです。
これも新しく買い換えました。
前にトースターを買ってきた時より家族が増えていたので
庫内が広い物を買ったのでいっぺんに家族分焼けるようになったのが良かったです。
以前より大きなタイプのトースターが増えましたね。
トースター以上のオーブンの様な働きをする物もあって驚きました。
家にはオーブンレンジがあるので機能はシンプルなタイプの物を買いました。

次に壊れ買い換えになりそうな物は炊飯器と洗濯機です。
だんだん金額の大きな物が壊れて行っているような気がします。
値段もピンからキリまであるので悩む所です。
高い物を買って長持ちするなら良いのですが
今までの経験上そうとは限らない事は分かっています。
いきなり壊れない事を願いつつ家電売り場へ行ったりしながら考える日々が続きそうです。